読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICD埋込後の日記

突然の心室細動からICD(埋込み型除細動器)装着後の日々の生活について

埋込後の日々㊻ まさかのお知らせにびくびく

 今週、突然見たことない番号から携帯に電話があったので連絡すると、病院からでした(*_*) 何事かと話をすると、(2週間後に定期健診があるのに)今週か来週でICDのチェックと診察を受けてほしいとのこと。えーなんで(・・;)と思ってる間に予約日時だけ決めると、さっさと病院の方は電話を切りやがった(。-`ω-)。おいおい理由は(゚Д゚)ノ って話ですよね~。そこで再度電話して確認すると、埋め込んでいるICDが世界で30万台ぐらいあるが、そのうち0.2%ぐらいに電池が急になる不具合が発見されたので、一応チェックのために・・・とのことだった。

 う・・・ん・・、それって何?? リコールって奴なの・・(>_<)ってことで、メーカーのホームページを確認するとご丁寧にニュースリリースが出ており、自身のICD製造番号が対象でバッチリ載っていた・・・ああ合格発表みたい(゚д゚)!っておい。

 http://www.sjm.co.jp/release/docs/Final_PressRelease_20161014.pdf

 

 ってことで病院へ。チェックだけと言われていたので直ぐ終わると思いきや、予定時間になっても呼ばれず1時間半ほど待たされたあげく、いつものメーカーさんスタッフ達が待っていて説明を・・・。まあ内容はPDFで見ました!ってことを淡々と。

 そして今後もし電池が急に無くなった時のために、それを知らせる機械動作を体験してもらうとのこと。まあ感じは携帯電話のバイブレーションが体内で起こったという感じです(>_<) 微妙・・・・

 その後、先生も来られて説明&チェック結果の確認を。すると8月中旬にやはり心房細動が起きていたとのこと。心拍数が200程度になっていたそうだけど、まあ機械は210を超えないと動作しない設定になっているから、大丈夫でしょ(#^^#)っと。

 大丈夫なの( 一一)。あと10ほど脈拍が早かったら動作したってことでしょ(。-`ω-) この辺りの先生達の感覚はよくわからない・・です。

 とりあえずチェックも診察も実施したので、再来週の定期健診はキャンセルとなり、次回は1月に。そうそう、おみやげに家で機械の状態を読み取り、先生へ危ない記録があった場合は送信するという通信機器をもらいました。すごい時代だ・・・

 

www.youtube.com