読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICD埋込後の日記

突然の心室細動からICD(埋込み型除細動器)装着後の日々の生活について

埋込後の日々㊸ 定期健診8月

 8月5日はICD定期健診へ病院に。ここ1か月、仕事が変わったこともあり体調は今一つだったので心配していましたが、結果は「特に異常なし」(^-^)

ホットしましたが、気持ち悪さや疼きなどの自覚症状について医者と話をしていると、「まあ危険な不整脈はないので、ICDの影響ですかね~( 一一)」と、毎度の会話に。

まあ結局こればっかりは、どうしよもないっとのことで。じゃあ、「先生、何もないならICDもう外せませんかね?」っと聞いてみました(・・;) だってね~、何もないなら外したいですよね( `ー´)ノ

しかし、「電池交換のタイミングで動作がない人は、外すという選択肢もあるのでは?という議論は確かにある。だけど、何も作動しなかった人が、2代目の周期で動作したという事例もあるので、外すという選択は難しい・・・(。-`ω-)」っとのことでした。

まあね、結局自身の心臓が悪くなす要因が漠然としたストレスとしか分からないわけだし。今がいいからといって、一生OKって医者は判断できないよねーっと一人納得し(>_<)。今回の診察は終了しました。とりあえず医者には、「まあ、がんばります(/_;)」という訳の分からない宣言をして。

 

 そうそう、やっぱり気持ちだよなーと一人勝手に思った部分もあり、「もう自分は大丈夫!機械による違和感も付き合っていくしかない!」と心に誓い(=゚ω゚)ノ  医者にお願いして、勤務制限解除の診断書をもらいました。これで、約1年続けてきた6時間勤務も終了。やっとフルタイム勤務に戻ります。

それを会社で報告して、「一応おめでとうだね」と上司も言ってもらったタイミングがなんだかちょっと嬉しかったです(^-^)