読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICD埋込後の日記

突然の心室細動からICD(埋込み型除細動器)装着後の日々の生活について

埋込後の日々㊶ 心療内科の定期健診

 昨日は通っている心療内科の定期健診。初診こそ1時間ぐらいかけて話を聞いてもらうものの、その後の通院はだいたい2週間おきに15分ぐらい近況を話すという感じで進む。

  しかし、昨日は最近大変忙しくなってきていることもあり、色々聞かれながらじっくりと話をした。

 

 医師が言うのは、「急にペースを上げすぎ」「真面目で、責任感が強い人ほど頑張りすぎてしまう」「それで体に再び来たら、元も子もない」ということだった。

 確かに脈の異常や胸の違和感の自覚症状が増えているわけで、自分でも大いに認識しているのだが、止められない。「だって、仕事の充実感があるんだもん」「なんだか残りの時間が限られているように感じるんだもん」と心の叫びが出てくる。

 

 だが、医師が言っているのは正論。それはほんと良く分かる(頭では)。悩みの根源は「自己制御」が出来ないということ(>_<)

 周囲は大いに助けてくれるし、上司の理解でだって問題ない。でもどうしても自分が許しくてない。あれもこれもと手を出して、新たな仕事をがんばってしまう。気になってしまう。気を使ってしまう。ああ、どこかに「自己制御ボタン」が自分の体に付いてないのだろうか? ふー( 一一)  。とりあえずONとOFFをしっかり切り替えて、出来ない姿を露わにしなきゃ(._.)