読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ICD埋込後の日記

突然の心室細動からICD(埋込み型除細動器)装着後の日々の生活について

埋込後の日々㉔ 定期健診8月

8月12日は心房細動の定期健診。今日も血液検査から心電図を取り、診断へ。

結果としては、特に心房細動の症状は出ていないということで、心房細動及び血液サラサラの薬を止めてみようということに。医師の説明だと、心房細動の薬は心室には、あまりいいものではないらしく、症状が出ていないなら飲まないにこしたことはないとのこと。まあ、薬が減るのは嬉しいので了解。

ただ、最近の脈飛びの症状については、「まあ、大丈夫ですよ」といった反応。そもそも倒れた際には、心室内のいろんな所が暴れていた状態で、その全てをカテーテルで焼けるわけではないから、「まあ、不整脈は出ますけど、ICDが作動する状態にはなってないから、心配ないでしょ」という説明だった。

その場は、「はーそんなもんですか('ω')」と聞いたいたのだけど、家に帰ってから考えると、前回の診察時は、「薬を止めたら心房細動が出るでしょうね( `ー´)ノ」っと言われていたのに、いいの???と思ってしまった。まあ、とりあえず12日以降、現在に至るまで大丈夫なので、良いのかな( 一一)

そうそう、医師は最後に、「ところで、中性脂肪の値が高いですね。高いというか、こりゃ相当高いね。運動してね(>_<)」と言われてしまった。おかしいなー、1日1時間は歩いているし、体重も前回より少し減っているのに・・・。さすがに450という値は高すぎでしょ( ゚Д゚) ヤレヤレ。